『経済回って社会回らず』

表題は、宮台真司氏のよく使う言いまわしだ。

 

『経済回って社会回らず』のコワいところは、目先の経済を回すために、人的資本などを過酷に消費してしまうことだ。当面は経済が回ってしまうから、社会に開いた大きな穴は隠蔽されているものの、それは市民社会や市場を構成する労働者を浪費し弱体化させてしまうので、段々と「地盤沈下」が進行してしまう。目に見えるほど事態が顕在化して気付いたときには、すでに回復不能な状況に陥っていたりする。

 

ここ数十年の日本的政治・日本的経営は、たとえば就職氷河期世代を買いたたいて酷使することで成り立っていた。賃金的に、時間的に、キャリア的に、人間的に。ところがバブル崩壊後の経緯でそのように強いられた彼らの世代は同時に第 2 次ベビー・ブーマーでもあった。本来は彼らを『金の卵を産むガチョウ』になるように育てなければ、労働市場としても消費市場としてもジリ貧に直面するのは……火を見るより明らかだった筈だ。

 

もう一度くり返すように要約しておく。

『経済回って社会回らず』のような社会的・経済的政策は、ほどなくして『社会回らず経済回らず』に至る、ということ。

ただ、これは過去、そのような政策の実施を選択、ないしは許してきた日本市民の全体責任なので従容として甘受するしかない。

 

ちょっと思い出して調べた。

武田信玄は『甲陽軍鑑』に言ったそうだ。
「人は城、人は石垣、人は堀」。

 

結局、そのような人々が社会や市場を構成していたのだ。

その人々のあいだに亀裂を走らせて分断するような政策を長年つづけてきた国家が衰退しないはずがない。

 

オートポイエーシス理論では

「要素がシステムを構成するのではなく、システムが要素を産出する」

と謂う。

だが、その要素がまたシステムの挙動に変更を与えるのも、これまた真理である(わたしの理解が稚拙だったら御免)。

 


この数十年のキーワードはデフレ・スパイラルであった。
それは経済的な現象だとのみ思われてきた。

わたしはそれに留まらない、と感じる。

日本は社会的にもシステム的にもデフレ・スパイラルを続けてきたのだと。
きちんとした戦略立案や政策変更のリスクを取れなかったせいで、あるいはそういった政策に対するコンセンサスを得られなかったので、対策が実行できなかった。

 

《アベノミクス》には功の面もあるのは事実であろう。

ただ《アベコベノミクス》という謂い方が散見されるように、罪の面もこれまた同時に存在する。

  

これまで碌に効果を上げられず次から次へとすり替えられてきた【三本目の矢】。
今度は「働き方改革」や「人づくり革命」だそうである。

内容を見るとこれまでに比べ、すこしだけまともなように見受けられる。
なんで、こんな初歩的なことに気付くのに数十年も掛かったのであろうか。
その理念に逆行するように、人的資本を酷使して濫費してきたのは、どの政権か。

それでもやらないよりはマシなのだと思う。

その為の財源を、政治的実行力の不足のために予算の組み替えで実現できないのならば、それは逆進性の高い消費増税ではなく、累進制を昭和の時代にまで戻すような所得増税ではないか、とは感じる。が、それもまた支持者層の離反を招くので政権与党としては実行できまい。


因果必然・因果応報・自業自得。

諸行無常・諸法無我。

因果無人。

全業全得。



結局、「社会はいいとこ取りできない」。
これもまた宮台氏の口癖である。
問題を隠蔽したり先送りしたところで、水面下で輻輳化して、やがて手の着けられない状態になってから顕わになるばかり。あとはカタストロフへ一直線だ。


そのような《衰退》が社会に起こったところで、個々人として見れば活路の見出しようもあろう、生き方の選びようもあろう。相対比較の尺度で見れば、勝負に勝つこともできるだろう。

それにこれは日本社会が暗黙裏に、かつ合理的に選んだ道なので、それはそれとして、また数十年も経てばそれなりの《適応》がシステム的に達成されるだろう。

——そのような時代に生きる人々がどんな感じ方をしているか、幸福であるかどうかは留保しておくが。


ただ、淡々とできる範囲のことをやって生きるのみ。
Good Luck!!

 

 

割り切れなさ

まだ完全には消化しきれないことがある。

 

髭狸の、私にたいする指導方針について。

彼は絵画史に名を残しておかしくないぐらいの眼を持った絵描きではある。

だが、わたしはそういうタイプではない。

むしろエンジニアリングの才に恵まれている。

髭狸に師事して得たものは多いが、その逆に失った機会もこれまた多い。

おかげで、画業では生計を立てることができなかった。

 

そもそも映画監督を目指したのは『プロスペローの本』との出逢いだった。それ以前に美術部に所属していた訳でもなく、偶にラクガキする程度だったのに。ところが一念発起して 3DCG デザイナーとして社会に出て……あれこれするうちに幾星霜、もう人生の折り返し地点も過ぎてしまった。

 

我が娘 Miranda は不本意な出来になっている。

スキン・ジオメトリーやリギングの観点から見ると及第に達しているかに見えるが、テクスチャー+スカルプトが素人同然のレヴェルに留まっている。
正直、個人的な「手仕事に頼った」解決の方向は困難で、ギャラを払って同業者を雇うか、なにか工学的な技術と組み合わせるかしないと、これ以上のクオリティー・アップは困難である。

もともと、いくらかのアイディアには恵まれていたのに、それを大きな成果に結びつけることができなかったのは、資金力不足だったり戦略性の欠陥である。端的にいうと、業病によってもたらされた境遇を克服できなかった所為である。

この克服を実現するために……別のプロジェクトへの合流を考え始めている。

 

『創始者が語る オープンダイアローグ』聴講記

本郷はひさしぶりだ。

「患者」として「創始者たち」の講演を聴きに出かけてきた。

率直にいって、いささか散漫な印象を感じさせるものがあったが、それは先述したとおり、事前に入門書に目を通していたせいかも知れない。あと、フィンランド語がインド・ヨーロッパ語族ではなく、まったくチンプンカンプンなので、通訳者が通訳するまでかなりのクッションが置かれてしまうのであった。

 

f:id:renpoo:20170821015718j:plain

 

それでも勉強になるものはあった。

特に後半の当事者・家族・治療者を代表した『リフレクティング』の実演が。

ただ、こうした実演もふくめて『ダイアローグ』の様子を第 3 者的に眺めていると、「ああ、これ、ふつうに対話だよな」と思わせた。とどのつまり、ソクラテスの『産婆術』を当然のごとく想起するのであった。あるいは入門書を読んでいて名前が出てくるのだが、バフチーンやボームを。わたしはクリシュナムルティーとボームの対談集をいくらか読んできただけに、特に K や B の「対話術」を想起するのであった。

 

講演をとおしてお話を伺って、会場の微温的な暑さに辟易としながら、いくつかの考えが脳裡をよぎった。

 

先ず、自分の批評眼が気になった。まだまだ我が強くて批判的な視点で観察してしまうし、その背後に自らの境遇にたいするルサンチマンが隠れているのは明白だった。

 

それと、これは社会的寸断の物語だとも思った。

チョムスキー翁いうところの atomization が進行している現代社会、特に日本のような前近代的社会であるからこそ直面している、様々な「孤立化」「個別化」といった風潮があきらかに『危機』を将来しつつあり、そのカウンター・ムーヴメントとしての、それに対するシステム論的な『自己再組織化』、つまり『社会的包摂』が市民社会レヴェルで求められている、と強く感じた。だからこそ、救済としての【対話】が再度重要視されるようになったのだと。『再統合』のために。

 

わたしは Schizo の患者であるが、かろうじて社会的生活を営めている。
それには、いくつか帰属している社会集団のネットワークが支えてくれている部分が多い。ただ、早期の段階に有効な治療を求めるのを阻害してきたのも、おなじ彼らなのであった。まあ、自分なりに邪推している「理由」はあるから、彼らがそのような対応を強いられたことに同情もする。

 

 

結局、人生とはただでさえ理不尽なものである。

ときに不条理なことまで発生する。

わたしは声を塞がれた。

塞がれたからこそ、《別の声》が発現してしまった。

多分、日本社会で不遇をかこちつづけるほどに治療的救済はない。

すでにかなりの失望とともにあきらめを付けようとしている。

おそらく、此の国は衰退するであろう。

生き残れる者たちは海外へと落ちのびて、あたらしい【日本】を生きればよい。

 

セイックラ氏は「友を探せ」「あしたからあたらしい行動を」と最後に促した。

夜が明ければ、月例の通院日である。

さて、掛かりつけ医とどんな対話をしようか………たぶん、わたしは「変わらぬ日常」を抑うつ的に生き続ける。

 

 

『無門関』に「百尺竿頭」の公案がある。

あれの解釈を小林秀雄だったかが見事に失敗しているのを見掛けた。

「百尺竿頭に一歩を進む」とどうなるか?

空を踏んで、さらに一歩を進めるというのか?

 

「そこに竿は既にない」。

飛び降りることになるのだ。

ひとたびは悟ろうとも、元の木阿弥、凡夫としての生に戻る。

それで百点満点である。

これを十全と呼ぶ。

大宇宙本来の生き方は、生老病死そのものである。

そこから逃れようとすることが、ほんとうの《苦》である。

目一杯、精一杯、暗闘する。

その暗闘に《成り切る》。

そこに本質的な救済がある。

 

あらためて自覚した。

 

オープンダイアローグとは何か

オープンダイアローグとは何か

 
オープンダイアローグ

オープンダイアローグ

 

 

 

 

 

 

オープン・ダイアローグ

『オープン・ダイアローグ』についての書籍をいくつか読んだ。 

オープンダイアローグ

オープンダイアローグ

 
オープンダイアローグとは何か

オープンダイアローグとは何か

 

 

自分なりに解釈すると『ネットワーク的治療』といったところか。

本書の中では知る人ぞ知る、バフチーンやボームの名が象徴的に出てくるが、『ダイアローグの思想(dialogism)』が意味している、相互的・相補的な共進化に期待するところ大きい。

 

個人的に「患者」をやって二十年近くになる。

そのあいだに受けた「仕打ち」は、このような『ダイアローグの思想』の真反対、まさにあべこべな対応であった。端的に表現すれば、それは『疎外』であり『阻害』である。ただ、これもまた日本という社会システムの前近代性、その病理に起因するのであろうから致し方ない。最早あきらめの境地に達しつつある。


先日、別の機会に語ったことだが、わたしたち団塊 Jr. 世代というものは「バブル崩壊」のツケを勝手に押しつけられてきた犠牲者だと思う。此の国で一二を争うくらいの人口的ヴォリューム・ゾーンであるにも関わらず社会的虐待を受け、「日本社会」の存続が危機に陥るほどの『氷河期』を過ごさざるを得なかったのは、これまた日本社会の『コンセンサス』であったのであると思う。

 

ただ、その団塊 Jr. たちは実のところ【金の卵を産むガチョウ】であったと、いまさらながらに痛感している。

 

その『ガチョウ』たちを政界や経済界のアホウな都合——短くて狭い視野——で虐待しておいて、この期に及んで「景気が回復しない」とか、何処のバカの戯れ言かと断じる。新自由主義的な価値観を装って、次世代社会のコアを握るべきヴォリューム・ゾーンがキャリア形成できず、労働者としても消費者としても日本システムを支えるべき人材へと育成できなかったのは「為政者たち」「経営者たち」の愚昧さゆえである。

 

結局、「古き世代」にとっては狭い認識での「家父長制モデル」しか構想し得ず、その結果、「家族以外」を排外するような狭い社会モデルしか構築できなかったのだ、だからこそ未だに前近代的な『中央集権モデル』への回帰を望む党派が存在するのだ、であればこれからの多様で並列分散処理パラダイムに基づいた国際競争のなかからは落伍していくのが日本の必然の運命なのだ、と強く直感する。

 

この窮状を救うのに《対話の思想》に注目が集まれば、とも思うが、それは『旧世代』の邪魔によって頓挫するであろう。

 

 

若い頃から気付いていたことだが、対話自体の持つ政治性・権力性というものがある。私自身、それらを図らずも使ってきた。そのような半生に猛省を促されるような思いであった。これから自らの関わる《対話》の場面を、もうすこし『車座』的なそれへと改善していきたい。具体的には、ファシリテーターのような役割に徹していく、ということである。

おそらく、この『オープン・ダイアローグ』という手法は、精神科医療の場面だけでなく、ほかの社会的シーン、ビジネス・シーンでも役立つ。その理由は自明でもあるし、あえて此処には記さないでおく。