朝陽のなかのコーヒー

ケニアの某農園。なんというかな、クリアーで穏やかなんだな。チョコみたいなビターさもあるけど。そして甘い。

醤油麹

鶏モモの醤油麹漬け焼き。というか蒸し焼き?ちょっと豆板醤も入れておいた。 SaveSave

知恵を受け継ぐ

ある日の御飯。親友の誕生日祝いに、季節はずれの膾を作ったので、その余り物で。つまり、大根と人参の皮、そして大根の茎を刻んで、塩を振っただけの箸休め。出入りしている店で、こういう箸休めを作る習慣を身に付けた。

朝御飯

特濃コーヒー

鶏モモと茸のトマト煮込み

生姜焼き

茶塩で御飯

猫飯

会心の出来

今夜はトマト・カレー。とろけるチーズ入り。ひさしぶりに自画自賛できるくらい、おいしかった、うむ。

立体的

お昼の珈琲、コロンビア。いやあ、これが奥行きのある味で。当然、まろやかな苦さが中心で、それを包み込むように甘さが効いているんだけど、ほんのちょっぴり甘酸っぱいフレーヴァーが。やめられないよね、コーヒー・ファン。

林檎のバター・ソテー

コアントローでフランベするのが決め手。

淋しさカレー

ニンジンの入ってない淋しいカレー。 でも、まあまあの味。 3種のルーを合わせて、カルダモンで特徴を。

最終炒飯

昨夜は鶏モモのベーコン焼き。ベーコンを鶏肉に敷いて、その味を移してソテーする。このときにできた鶏油とラードを残しておいて、今朝、卵だけの炒飯を。メチャクチャおいしい。

うちの味

今晩の夕食はひさびさのカレー。基本は祖母の味に準拠して。でも、つけあわせにフライド・ポテトとトマトを。自分だけガラムマサラを補って食べる。けっこう、おいしかった。

デモ・リール第2弾

Miranda Ver.4 Demo Reel ver. Perfume

八宝菜ごはん

猫まんま

しらす御飯

冷や奴

冷や奴にカニカマと長葱で。 あと、昆布醤油。 ちょっとアレンジしただけでずいぶんとおいしい。

鶏肉のトマト煮込み

ちょっと仕上げ方に異論はあるだろうけれど、祖母対策でクタクタ野菜に。

絶妙の香味

けさの珈琲。コスタリカの某農園。基本的にマイルドなんだけれど、これは素晴らしい味わい。苦味・甘味・酸味の絶妙なバランスを飲み干した。

胡瓜の XO 醤炒め

豚汁

いったん筆を置いて

かねてから懸案になっていたデモ・リール第2弾制作を開始した。 ほんとうは補助骨版の到着を待ってから、と思っていたが、協働している研究者も多忙を極めていて。 描画計算には1週間ほどかかる予定。

「おかしいなあ」と思ったら

miSSS に接続しているバンプの設定方法に無理があることが分かった。 それで修正してみたが……、さらに画力が要求される事態に。苦手で避けてきたテクスチャー・ワーク、特に ZBrush を使った作業が障壁になっている。

克服しがたい苦手分野

テクスチャーの修正中。要領を得ない。やっぱりプロのペインターの手に委ねたほうが良さそう。

微妙な表情の違いがリアルさを作り出す

出来たて風味の菓子パン

ちょっと涼しすぎる陽気の今日この頃。 コンビニで菓子パンを買ってきた。 そのまま食べても味気ない。 そこでレンチン数十秒。 見違えるような味わいに。

マンデリンの味

気候変動のせいで近年落ちていた香味が復活しているマンデリン(某地区)。 すごくやわらかい苦みと甘みのハーモニー。 フルボディーじゃないか、ってぐらいしっかりしているけれど、かといって重くはない。昔を思い出させる。