読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なつかしい味

某農園のマンデリン。近年、気候変動で味が落ちていたけれど、昔を思い出させる味わい。まろやかな苦み、包み込む甘さ、ちょっとした酸味、微妙なフルーティーさ。かなり濃いめに抽出した。じっくりと飲んで、午后の英気を養う。

ふつうの飲み方で

ブレンド・コーヒー。 ふつうの喫茶店の濃度で。

珈琲のダンス

気泡ではなく湯滴が水面上を転がっているみたい。 ちょっと和んでしまった。(笑)

マイルド・コーヒーの厚み

コロンビアの某農園を淹れた。 益子焼の湯呑みで飲む。 マイルド・コーヒーだが 60g も使って抽出したので、けっこう濃厚な味になっている。けれど全体的にさわやかな酸味が覆っている。甘みも強い。水(お湯)自体の所為もあるだろう。 様々なことがある人…

低温抽出を試みる

十年ぶりぐらいに珈琲の低温抽出を試みた。 やっぱり抽出されてくる成分が変わってくるのか、味わいが違う。 全体的にやわらかく感じるが、ちょっと物足りない気分だ。 甘酸っぱさとかが後退してしまって、おもしろくない。 ただ、これにはこれの味わいがあ…

珈琲とメロン

到来物のメロンを食べるお供に、珈琲を淹れた。 某地区のマンデリン。 地球温暖化のせいで近年味の落ちているマンデリンだが、今年のニュー・クロップは出来が良い。しっかりと深い苦みがある。甘みも内包している。ほどよく冷えたメロンと非常に好い相性を…

キリマンジャロの深さ

益子焼の湯飲みでキリマンジャロ。 シティー・ローストであるがフレンチ並みに深い苦さがある。同じキリマンでも別の農園の豆が酸味がちだったのに比べ、オーソドックスな珈琲。但し、微妙な甘酸っぱさが隠れている。 53秒前