3DCG/WIP

《伝える》ためには……

さて。 前回の考察の続きである。 renpoo.hatenablog.com 師匠である髭狸に軽く罠を仕掛けてみた。 メールで以下の画像だけを見せたのである。 「レンブラントの新作が見つかったそうです」と言って。 この画像は、以下のページから抜粋引用したものだ。 wir…

難関を目の前にして

まだ詰めの甘いところが散見されるが、(リアルタイム動作を念頭にした)ジオメトリとしてはそれなりの完成度に近づいている、と自覚できるようになった。問題はテクスチャーである。ひさしぶりに 3D.sk に登録して、既存の顔面テクスチャーなどをダウンロー…

視覚表現に於ける意味や文脈、その経時的構造———

ちょっと御無沙汰だった「いつもの店」に出かけてきた。 そこで同業者の作品を肴に批評することを通して、これからの時代、視覚表現において何を目指すべきなのか探ってみた。 好例とも思うので、次の 2 種類の作品をざっと観察していただきたい。 lovingvin…

凜として

かなり引き締まったイメージへと変貌しつつあるかに感じる。

Asymmetry

Standing Up

Smile (Monochrome)

Smile

Smile

Seaside

アシンメトリー

顔面のデッサンを徐々に崩し始めている。 すこしずつリアルで有機的になっているように思われる。 だが、壁に直面している、とも感じている。

Seaside

"Rage" (Homage to a designer)

渇望

物思うところ多々。 追記: 髭狸と眼鏡猿に上記のデモ映像を見せたところ、まあ、いろいろと厳しい批評が出てきた。成る程、そういう見方をしていたのか。勉強になる。いわゆるアート・ディレクションというものが何故必要なのか納得することができた。やっ…

わかりやすい「イメージ」

髭狸師匠に此処のところの連作を講評してもらう。 「キャラクターがない」とのひと言。 困ったなあ、イージーなイメージづくりをしないと訴求力がない、ということか。 その結果、できあがった「ありがちなポートレート」がこちら。

『言葉以前の』

"Before Words".

解釈以前の《世界》

"The Wordless World".

あと一歩のところまで辿り着く

[TEST] Miranda V4. Skin Material Test 02 (Mocap by Perfume) Miranda Ver.4 について。 御存知の方は御存知であろうが、某大学の研究者 M 氏と一緒になって、この超重量級データの著しい軽量化に向けて作業を進めている。そりゃそうだ、二次曲面による擬…

『飛翔』

『元始、女性は太陽であった』

『不屈』

感動の一夜

昨夜のことだ。 ひさしぶりのライヴに出かけてきた。 斎藤誠と仲間たちの。 ただただ「素晴らしい」の一語に尽きる演奏だった。 また、記憶に残る一夜がひとつ増えた。 『魔術』や『奇跡』の演奏には思うところ多々だった。 そういえば、いくつものスピーカ…

眼差し

意志

自然な表情 —— 微笑み

ほんの数ミリの表情の違いが、大きなニュアンスの差を生むんだね……。

笑っていてほしい

原点回帰

一段の進化を目指して

昨夜は「いつもの店」へ。 その場で Mac Book Pro を開いて、髭狸師匠の添削を受けてきた。 どうも笑顔にしてみたときに、頬肉の squash が足りない。よくよくふり返れば制作途上、あんまり極端な演出もどうかと、ふくらんだときの筋肉ヴォリュームを減らし…

微妙な表情の意味するところ

人間の表情とは実に微妙なもので、まだまだ巧く表現できないなあ、と反省している。

現実逃避

試験勉強すべきなのに……ペンを握る気にならない。 そこで 5 分 10 分、作業してみる。 多少、ウェイト上の構造を変更してみるが、意図したとおりの結果は出ていない。 Helper Bone 版への変換を心待ちにしている。 そうすれば、もっと微細なコントロールが簡…

天真爛漫

小鼻から眉間までのあいだの表現が正しくない感じがする。 期末試験後に対応することにして、いったん筆を置く。

快活さの表現

思いっきり元気な、そんな感じを表現できて居るであろうか?

笑顔の難しさ

顔の表情とは 3 次元的な、縦横だけでなく奥行きの前後も使いこなしたものであると知る。自然な笑顔の難しさ。まだまだ未熟。

プロの眼

さっき、ちょっとオカシな映像を見掛けた。 ディレクターが「もうちょっとこっち、いや、もうちょっとあっち」と指示をくり返しているうちにオペレーターが中華包丁をそっと机の上に取り出す、といった風の。 苦笑するしかない。 クリエイティヴ系で食ってい…

陰翳礼賛

[TEST] Miranda V4. Skin Material Test 02 (Mocap by Perfume) 髭狸師匠の忠告を承けてライティングの角度を若干修正してみた。 また自宅の Win10 機がクラッシュし回復できなくなったので、Linux に replace してみた。そこに Maya 2014 をインストールし…

露骨な破綻

ちょっと観察してもらえば分かるけれど、露骨に破綻している。 実機でリアルタイムで動かすことを念頭に、水着を wrap deformer でリグに組み込んだが、不必要に「伸びて」しまっている。こんな小さいパーツでも cloth simulation が必要だとは。だったら、…

手間が掛かる

断続的に連番レンダリングをくり返している。 週末に某研究者と会食する予定で、それまでに暫定的な結果を出したい。

難航するレンダリング

MacOS Sierra にもなって MAYA 2014 を使っている所為か、MentalRay のバッチ・レンダリングがちょくちょく停まる。困ったものだね。AD へのサブスクリプション代が高くなったついでに制限も増えたようなので、軽々に固定ライセンスから移行できない。3DCG …

作りなおし

いつぞやに制作したデモ・リールを作り直そうとしている。 アトラクティヴなものになればいいと願ってる。

キアロスクーロが炙り出すかたち

昨夜は「いつもの店」に出掛けてきたのだが、そこでノート・パソコンを取り出し、その場で師匠の添削を受けてきた。これはこれで、師匠の言わんとしているところは理解できるようになってきた。

Jump!

Make It Bright

Make It Simple

Rebirth of Miranda

要領を掴む

映画のワン・カットを想起させる

解離した表現

闇から浮かび上がる

愛の遠近法

偏愛