珈琲とメロン

f:id:renpoo:20160824151326j:plain

 

到来物のメロンを食べるお供に、珈琲を淹れた。

某地区のマンデリン。

地球温暖化のせいで近年味の落ちているマンデリンだが、今年のニュー・クロップは出来が良い。しっかりと深い苦みがある。甘みも内包している。ほどよく冷えたメロンと非常に好い相性をしていた。

 

今日はしっかりと勉強しているので、きちんと休憩の時間を取る。

緊張と弛緩の使い分けが学習を効率よくするそうである。