渇望

物思うところ多々。

 

 





 

追記:

髭狸と眼鏡猿に上記のデモ映像を見せたところ、まあ、いろいろと厳しい批評が出てきた。成る程、そういう見方をしていたのか。勉強になる。いわゆるアート・ディレクションというものが何故必要なのか納得することができた。やっぱり技術オタクに陥ってはならない。

「伝えたいこと」があるのならば……。