“デザイン”

眼鏡猿にこってり絞られてきた。

いま請け負っているデザインの仕事について。

彼は老齢の元編集デザイナーなのである。

 

「デザインってなにか?」ということについて、原点に戻って再考せざるを得なくなった。自分がやっていたことはまるでクライアントの召使いのような作業で、それでは『デザイン』になっていないことを痛感した。つまり、クライアントとの『協同作業』による業務改善になっていない。それにポスターという限定されたメディアに於けるコミュニケーションとしても成立していない。

 

猛省。