オープン・ダイアローグ

『オープン・ダイアローグ』についての書籍をいくつか読んだ。 

オープンダイアローグ

オープンダイアローグ

 
オープンダイアローグとは何か

オープンダイアローグとは何か

 

 

自分なりに解釈すると『ネットワーク的治療』といったところか。

本書の中では知る人ぞ知る、バフチーンやボームの名が象徴的に出てくるが、『ダイアローグの思想(dialogism)』が意味している、相互的・相補的な共進化に期待するところ大きい。

 

個人的に「患者」をやって二十年近くになる。

そのあいだに受けた「仕打ち」は、このような『ダイアローグの思想』の真反対、まさにあべこべな対応であった。端的に表現すれば、それは『疎外』であり『阻害』である。ただ、これもまた日本という社会システムの前近代性、その病理に起因するのであろうから致し方ない。最早あきらめの境地に達しつつある。


先日、別の機会に語ったことだが、わたしたち団塊 Jr. 世代というものは「バブル崩壊」のツケを勝手に押しつけられてきた犠牲者だと思う。此の国で一二を争うくらいの人口的ヴォリューム・ゾーンであるにも関わらず社会的虐待を受け、「日本社会」の存続が危機に陥るほどの『氷河期』を過ごさざるを得なかったのは、これまた日本社会の『コンセンサス』であったのであると思う。

 

ただ、その団塊 Jr. たちは実のところ【金の卵を産むガチョウ】であったと、いまさらながらに痛感している。

 

その『ガチョウ』たちを政界や経済界のアホウな都合——短くて狭い視野——で虐待しておいて、この期に及んで「景気が回復しない」とか、何処のバカの戯れ言かと断じる。新自由主義的な価値観を装って、次世代社会のコアを握るべきヴォリューム・ゾーンがキャリア形成できず、労働者としても消費者としても日本システムを支えるべき人材へと育成できなかったのは「為政者たち」「経営者たち」の愚昧さゆえである。

 

結局、「古き世代」にとっては狭い認識での「家父長制モデル」しか構想し得ず、その結果、「家族以外」を排外するような狭い社会モデルしか構築できなかったのだ、だからこそ未だに前近代的な『中央集権モデル』への回帰を望む党派が存在するのだ、であればこれからの多様で並列分散処理パラダイムに基づいた国際競争のなかからは落伍していくのが日本の必然の運命なのだ、と強く直感する。

 

この窮状を救うのに《対話の思想》に注目が集まれば、とも思うが、それは『旧世代』の邪魔によって頓挫するであろう。

 

 

若い頃から気付いていたことだが、対話自体の持つ政治性・権力性というものがある。私自身、それらを図らずも使ってきた。そのような半生に猛省を促されるような思いであった。これから自らの関わる《対話》の場面を、もうすこし『車座』的なそれへと改善していきたい。具体的には、ファシリテーターのような役割に徹していく、ということである。

おそらく、この『オープン・ダイアローグ』という手法は、精神科医療の場面だけでなく、ほかの社会的シーン、ビジネス・シーンでも役立つ。その理由は自明でもあるし、あえて此処には記さないでおく。